身近な感染症である水虫の完治には想像を絶する長い時間がかかってしまいます。表面上では治ったように見えて治療を止めてしまうと水虫が再発してしまうのです。かかとなど気になる場所に水虫ができてしまった時は長期的な治療が必要です。

  • ホーム
  • 水虫の内服治療薬、スポラノックス・イトリゾール

水虫の内服治療薬、スポラノックス・イトリゾール

きれいな脚

スポラノックスの有効成分であるイトラコナゾールは、感染原因となる菌を殺菌してくれる働きがあります。
さらに菌の繁殖を抑制してくれます。
典型的な口腔や性器、食道などのカンジダ症の症状や、手足の皮膚に現れる真菌感染症、眼に起こる感染症の治療にも使われています。
ですので、水虫を治療したい方にとってスポラノックスは救世主ともいえます。
副作用は比較的少ないとされていますが、体内でほかの薬剤の代謝や排出を抑制する作用があるため、ほかの薬剤と併用する可能性がある場合は医者に相談した上で指示を受けましょう。

また、アルコールによって強く作用が出ることもあるので、服用するときは飲酒を控えてください。
そしてもうひとつ、イトリゾールです。
身体の内側から働きかけるため、特に奥の皮膚まで感染している爪の水虫に効果的といえます。
長い間体内で効果が持続するため、一般的に「パルス療法」という方法で服用します。

パルス療法とは、1週間服用した後に3週間ほど服用をやめるという飲み方を3回繰り返す治療法です。
イトリゾールはカプセルや内用液タイプや、容量によっても種類があります。
口の中にできたカンジダ症には内用液のものが使われ、かかとなどにできた水虫にはカプセルや錠剤での治療が多いです。
日本では各メーカーにより、イトラコナゾール錠を後発薬として開発して販売しています。
イトリゾールは症状によって用法用量が異なりますので、正しい服用方法は医師と相談しましょう。
薬局やインターネット通販などでも購入はできますが処方薬となるため、医師の診断を受けて処方箋を書いてもらえれば購入できます。

気になる副作用ですが、人によっては胃の不快感や吐き気、嘔吐や下痢、腹痛や肝機能障害などがあります。
すでに持病をお持ちのかたは悪化させる可能性もあるため、注意が必要です。
特にイトリゾールは肝臓に負担がかかってしまう傾向があるため、担当医に相談するようにしましょう。
また、妊娠の可能性があるかたや妊娠中のかたは服用することができません。

塗り薬では治りづらい爪の水虫にも効果的

爪の中に白癬菌が繁殖する爪水虫の場合、塗り薬だけで治すことができるのは全体の20パーセント以下です。
そのため、内服薬で治療しましょう。
スポラノックスやイトリゾールは有効成分イトラコナゾールが白癬菌の繁殖を抑制し、退治してくれます。
カプセルタイプとなっており、服用することで体の中から菌に作用します。
表面に塗るだけよりも効果が高いのです。

爪水虫の症状は爪が分厚くなったり・白く濁ったり・ボロボロになったり、一般的な水虫と違ってかゆみはありません。
辛い症状ではないからと放っておいても自然治癒することはありません。
白癬菌がどんどん増えていき症状が悪化していく一方です。
効果が高い反面、副作用の危険性もあることからスポラノックスはドラッグストアや薬局には置かれていません。
他の薬剤が代謝・排出するのを抑制させる作用があるため、他の薬剤の副作用を発現させやすくなるのです。
処方薬のため皮膚科で診てもらってから処方してもらってください。

同じく、かゆみはないですが、かかと部分が分厚くなりカサカサになる症状も単なる冬の寒さではなくかかと水虫が関係しているかもしれません。
病院に行ってみた方がよいでしょう。

どちらも塗り薬だけでは治りづらく、内服薬が必要です。
かゆくはなくとも夏になりサンダルを履くような機会が増えると、変色した爪やガサガサにひび割れたかかとは美しいとは言えません。
実は、ブーツやパンプスにストッキングで歩き回るため女性の足元も高温多湿の菌が好む環境になっています。
水虫は中年男性の病気とは言い切れず、若い女性の中にもかくれ水虫患者はたくさんいるのです。
恥ずかしいからと放置していたら、薄着になる季節になって困ることになってしまいます。

関連記事