身近な感染症である水虫の完治には想像を絶する長い時間がかかってしまいます。表面上では治ったように見えて治療を止めてしまうと水虫が再発してしまうのです。かかとなど気になる場所に水虫ができてしまった時は長期的な治療が必要です。

  • ホーム
  • 水虫と皮膚カンジダ症の違い

水虫と皮膚カンジダ症の違い

足にできる皮膚の病気として浮かぶのは水虫です。
カビの一種である白癬菌に感染することで発症し、かゆみなどの症状を引き起こします。
かかとなどにも感染しますが、ひび割れたようになるので一見水虫とわからないかもしれません。
また、爪に感染する爪水虫は白色化して厚くなるなどの症状がみられます。

よく似た感染症として皮膚カンジダ症があります。
白癬菌と同じ真菌類に属するカンジダ菌が原因です。
同じように湿気を好みかゆみをともなう状態になるので見分けがつかないかもしれません。
爪にも感染することがあります。
顕微鏡で直接菌を確認するしかないため、個人で判断することはできません。
そのため間違った治療をしてなかなか治らないと言う状態になる恐れがあります。

白癬菌とカンジダ菌では存在している部分が異なります。
白癬菌の方が角質の奥に存在してなかなか薬が届かないので治り難いと言われています。
カンジダ菌が存在しているのは比較的表層です。
水虫は境目がはっきりしていますが、カンジダ菌は分布して境目がわかり難いと言う特徴があります。
皮膚の表層であれば薬は届きやすいので、適切な治療をすれば水虫と比べると早く改善します。

そのほかの違いとして、発症の範囲が広いというものです。
カンジダ菌は日和見菌なため身体中のどこにでも存在しています。
体調不良などで免疫力が低下すると増殖して感染します。
そのため足だけでなくほかの皮膚にも同じ症状が見られるようなら水虫でない可能性が高くなります。

カンジダ菌は足以外でも感染する恐れがあります。
放置することで範囲が広がることも考えられます。
どちらも同じ真菌類ですが、効果のある薬が違うためどちらに感染しているのかわからないと治すことができません。
特に水虫は薬が効くまでに時間がかかるため薬の効果を実感することが困難です。
その間にカンジダ菌が広がる恐れもあります。
症状が現れた時点で医療機関に行って顕微鏡検査をしてもらった方がいいでしょう。

間違いやすいが、水虫とは違う皮膚カンジダ症

カンジダも水虫も皮膚の表面に症状が現れるもので、ともに真菌によって引き起こされるので間違いやすいものです。
基本的には水虫は白癬菌が原因であるのに対してカンジダはカンジダ菌によって発生する違いがありますが、いずれも同じような場所で発症することも多く、また肌荒れの状態も似ているので見過ごされがちです。
水虫は足のかかとや指の間、爪などで発生し爪水虫の場合には爪の下で白癬菌が繁殖しているので治療に時間がかかります。
皮膚カンジダも同じような場所で発症しますが、違いも多くあります。

例えば爪カンジダ症の場合には白癬菌を原因としているものと異なり、爪の根本部分から侵食されて白く変化します。
これは爪水虫と逆です。

また爪カンジダ症は足よりも手で見られやすい症状ですが爪水虫の場合には足に多く見られます。
指の間でも同様でカンジダ症は足よりも手に見られやすく特に聞き手の第3指間に好発する傾向にあります。
水虫はかかとでも発生しやすいものですが皮膚カンジダではあまり見られません。
いずれにしても検査をすれば、わかるのですが、簡易な皮膚真菌検査は、皮膚の表面をこすってそれを顕微鏡で観察するというものです。

この場合には菌種の特定が難しく真菌に感染しているということだけしかわかりません。
より詳しい検査をするには培養が必要です。
ただ治療に関しては皮膚真菌薬を使用するため水虫でもカンジダでも抗真菌薬であれば効果があるため皮膚カンジダ症の場合には水虫治療であっても同様に治療することができます。
外用薬は薬局でも手に入れることができますが、症状が強い場合、広範囲に及んでいる場合には病院で治療する必要があり、場合によっては内服薬が使われます。

関連記事