身近な感染症である水虫の完治には想像を絶する長い時間がかかってしまいます。表面上では治ったように見えて治療を止めてしまうと水虫が再発してしまうのです。かかとなど気になる場所に水虫ができてしまった時は長期的な治療が必要です。

  • ホーム
  • フロリードDのジェネリック薬、ミコゲルクリーム

フロリードDのジェネリック薬、ミコゲルクリーム

ミコゲルクリームはイミダゾール系水虫治療薬フロリードDのジェネリック医薬品です。
有効成分にミコナゾール硝酸塩を配合した軟膏状の外用薬で、細胞膜を破壊する作用があり、白癬菌の増殖防止及び抗菌効果を持っているのです。
そのため、抗真菌薬として、白癬菌感染を原因とする皮膚や手指、爪などの水虫に効果を発揮し皮膚症状の改善を期待出来ます。

ミコゲルクリームの使用方法ですが、1日あたり2-3回患部に塗布し真菌が完全に滅菌されるまで継続する必要があります。
ミコナゾールを皮膚に浸透させて治療効果を高めるために、浸透されるようによく擦りこむように塗るのがポイントです。
特にかかとなどの角質が分厚く、有効成分が浸透しづらい部位にはより長期間塗布の継続が必要な場合もあります。
患部や病状の状態によっては、半年から1年程度継続することもあるとされているのです。

患部への二次感染を防止するため、ミコゲルクリームの塗布に先立って手指を石鹸で良く洗うことが大切です。
使用回数は厳守し、塗るのを忘れた場合には速やかに塗布します。
ただし2回分の容量を1回で塗布するのは絶対にやめて下さい。
刺激症状が出現するリスクが高まるからです。

フロリードDクリームは日本国内でも多くの使用実績を積んでいるので、そのジェネリックのミコゲルクリームも効果が確かで安全性も確認済みです。
しかし薬である以上は副作用のリスクがあるのは確かです。
具体的には発赤・紅斑・かゆみや刺激感などの皮膚刺激症状に見舞われたら、直ちに使用を中止し医師の診察を受けるようにしてください。
このような状態にも関わらず使用を継続すると、却って逆効果で患部を悪化させる可能性すらあるからです。
また症状が悪化する場合も、同様に医師の診察を受ける必要があります。
ミコゲルクリームの注意事項として、薬に含まれる油脂成分が、避妊用ラテックスなどの劣化を引き起こすので、薬が避妊具などのラテックス類に接触しないように、保管する必要があります。

使用しすぎると副作用が出やすくなるので注意

ミコゲルクリームは水虫治療薬の目的にして処方されるミコナゾールを主成分とするのジェネリック薬品です。
イミダゾール系水虫治療薬フロリードDクリームと同じ主成分の抗真菌薬です。
カビやキノコ、酵母は真菌と呼ばれています。

真菌によって感染を発症することもありこれを真菌症と呼んでいます。
真菌症は簡単に言うと体にカビが生えることで白癬菌の水虫が有名です。
特に足の裏の角質が厚いかかとは有効成分が浸透しにくいため、長期間の塗布が必要な場合もあり、丹念に浸透させるように擦りこむことがポイントになります。
ミコゲルクリームの副作用は白癬菌の増殖を防止することで、皮膚症状を改善する薬です。
水虫の改善効果があり通常1日に2回から3回塗布して使用します。
手をきれいに洗って使用し、眼や口に入らないように注意が必要です。
2回分を1度の使用しないようにし、次に使用するまでの間隔をあけなればなりません。
以前に薬を塗布して痒みや発疹、アレルギー症状が出た場合や、妊娠や授乳期の方、誤って大量に塗布した場合は医師や薬剤師に相談しましょう。

ミコゲルクリームの副作用はかゆみ、発疹、びらん、刺激感、接触皮膚炎、小水泡などが出た場合には使用しないで医師や薬剤師に相談しましょう。
注意しなければならないのは小さな子供の手に届かないところで、直射日光、高温多湿をさけ保管する必要があります。
よく効く薬ですので安全に使用しましょう。
またミコゲルクリームを使用する場合は皮膚の炎症を起こしやすい方、皮膚に怪我をしている方、水虫などでカブレを起こしたことがある方などは使用するのを控えた方がよいでしょう。
避妊具などに接触すると劣化を引き起こすため接触しないように保管することが重要です。

関連記事