身近な感染症である水虫の完治には想像を絶する長い時間がかかってしまいます。表面上では治ったように見えて治療を止めてしまうと水虫が再発してしまうのです。かかとなど気になる場所に水虫ができてしまった時は長期的な治療が必要です。

  • ホーム
  • かかとの水虫はうつるの?

かかとの水虫はうつるの?

かかとの水虫は、移ることがありますので家族に移さないように注意が必要です。
かかとに繁殖した白癬菌が移る感染経路としては、バスマットやタオルなどがあります。
白癬菌は適切な治療をしないと症状が悪化しますし、皮膚が接触する様々なものを介してうつることがあります。

水虫菌が原因で起こる症状としてはかかとの水虫以外に爪水虫などがあります。
どれも他人と接触すると感染させてしまいますので肌着やバスタオル、バスマット、スリッパなど直接皮膚に触るものを共用しないことが重要ですし、スリッパなどを履く時には必ず靴下を履くようにしましょう。

かかとは乾燥しやすい部分ですので、水虫なのか乾燥でカサカサしているのかわかりにくいケースがあります。
かゆみがあってカサカサしている場合には乾燥が原因の場合と白癬菌が原因の場合があり、白癬菌が原因の場合にはかゆみがひどくなったり他人に移すケースがありますので注意する必要があります。
かかとの水虫が確認された場合、はだしで生活していると他人にうつすことになりますので治療をして完治するまでは共用スペースでははだしで生活しないことがマナーと言えます。
菌は湿ったところで繁殖しやすいですので、特にタオルやバスマット、スリッパなどは注意が必要です。

かかとの水虫になってしまった場合、家族にもスリッパをはく時には靴下を履いてもらったり、バスマットは別のものを使うなど注意してもらうことで感染させるのを防ぐことが出来ます。
かかとの水虫は治療をして完治すれば他人に移すことはありませんが、そのままにしておくと通常の水虫同様家族や他人に感染させてしまうことがありますので、移すことのないようエチケットやマナーを守るのが重要です。
かかとの単なる乾燥か水虫かわからない場合には、皮膚科で簡単な検査をすればすぐにわかりますので、かゆみがあったり乾燥が気になる場合には皮膚科を受診して医師の診断を受けると良いでしょう。

水虫はかかとに限らず、うつりやすい!

水虫は白癬菌という菌に感染して菌が皮膚に入りこむことで症状が出はじめる病気なので、白癬菌に触っただけで水虫がうつるということになります。
これは水虫になっている場所を直接触った時だけでなく、間接的に菌に接触をすることも水虫がうつる原因になるので注意が必要です。

間接的な接触はタオルや、スリッパ、バスマットなど、水虫がある部位が触れたもの全てが感染源となるので、水虫を発症している人は他の家族にうつさないような配慮が必要です。
水虫は指の間によくできますが、かかとにできる乾燥したタイプの水虫も増えています。
ジュクジュクとしている水虫も乾燥しているものも同じ水虫菌が元になって起こっているので、どちらもうつりやすい病気です。

かかとにできている水虫は乾燥していることが多いため、感染していることに気付かないことがあり、気付かないうちに家族に感染を広げてしまっている可能性があります。
かかとの症状を放置していたら爪にまで水虫菌が入り込む爪水虫を発症することもあり、そこまで病状が進行をして初めて気がつくという人もいます。
爪水虫になってしまうと治療に時間がかかり、完全に治すためには内服薬などを使用する必要が出てくることもあります。
そうなってくると治療が終了するまでの長い期間ずっと、誰かに感染をさせてしまう危険を感じながら生活をしなくてはいけなくなります。

そこまで感染が酷くなる前に治療を開始しておけばしっかりと治すことができますし、感染を広げてしまう心配をせずにすみます。
かかとの症状はよく見ないとわかりにくいという特徴がありますが、怪しいと思った時には皮膚科を受診すればすぐに検査をすることができます。
症状がある時には早めに受診をしましょう。

関連記事