身近な感染症である水虫の完治には想像を絶する長い時間がかかってしまいます。表面上では治ったように見えて治療を止めてしまうと水虫が再発してしまうのです。かかとなど気になる場所に水虫ができてしまった時は長期的な治療が必要です。

  • ホーム
  • かかとが水虫になってしまった…原因は?

かかとが水虫になってしまった…原因は?

水虫といえば足の指の間の皮膚が剝けるというイメージを持たれることが多いものの、爪やかかとにも症状があらわれることも少なくありません。
しかも、かかとの場合はガサガサ乾燥してひび割れたり白く粉をふいたりといった症状が多くあります。
かゆみもないため素人目には水虫なのかただのケアを怠った為の乾燥なのか見分けがつかないことも少なくありませんが、水虫であった場合は早めの治療が肝心です。

そんなかかとの水虫の原因になるのはカビの一種である白癬菌で、この菌が皮膚に感染し角質に入り込むことによって水虫の症状が引き起こされます。
体にもともと住み着いている菌ではなく白癬菌のいるところで触れることで感染し足だけでなく全身に感染する可能性があります。
体のなかでもっとも繁殖しやすいのが足であるため特に足についた菌には注意が必要です。

たとえばサウナやスポーツジム・プールなどの水分があり多くの人が裸足で過ごす場所はもちろんのこと、靴を脱いであがる飲食店の座敷やスリッパに履き替える病院など不特定多数の人が靴を脱ぐところでは常にリスクがあります。
また家族が知らずに水虫になっている場合は自宅でも感染することになります。
ただし白癬菌に感染しても菌が好む環境がなければ、水虫の症状が出るまでにならないのでかかとが水虫になった原因には、足が菌にとって繁殖しやすい環境だったということです。

足に白癬菌が付いている状態で靴を履くとその靴にも菌が付き、靴の中が菌が好む温度や湿度であればさらにドンドン増殖してしまいます。
そのため、蒸れる靴を長時間履き続けたり、靴の中がしっかり乾燥する前にふたたび履くような毎日同じ靴を履く生活をしていることも水虫の原因になることがあります。

ほかにも高温多湿な場所で使うバスマットは、濡れたまま交換していない白癬菌の温床になりやすく水虫の原因になります。
あまり頻繁に掃除機をかけない家庭の場合、家族や自分が外から持ち込んだ白癬菌が繁殖しやすいので清潔にすることも大事です。

家族に水虫持ちがいると家で感染する危険あり

水虫の原因になる白癬菌は、すでに水虫になっている人のかかとなどの角質の中に棲んでいますが、その人が素足で過ごしている場合は皮膚から白癬菌が落ちることがあるので注意が必要です。
つまり、家族に水虫持ちの人がいる場合、その人が家で素足で過ごすことがあれば他の家族にも感染の危険が常にあるということになります。

家族が水虫にかかっていることがわかっている時には、他の家族はその水虫に感染しないためにお風呂場の足拭きマットやスリッパを共有しない方が良いでしょう。
どうしてもマットやスリッパを共有する必要があるなら、こまめに洗って乾燥させてから使うなどの工夫をして白癬菌から身を守ることが大事です。

また、水虫持ちの家族から落ちた白癬菌は、皮膚がガサガサに乾燥してひび割れた足の裏やかかとなどの、傷がある部分から角質に入り込みます。
他の人は家で素足で過ごしたいなら足の裏などに傷をつけないように気をつけると良いでしょう。
例えば、かかとの角質を取ってつるつるにするためのケアをしたい人は、軽石で必要以上に削るなどして皮膚を傷つけてしまうとそこから水虫に感染する危険があるので気をつけてください。

家族に水虫になっている人がいて、その人から感染したくないなら、一番良い方法はその家族に水虫治療を受けてもらうことになります。
かかとや足の裏がガサガサになって乾燥し、皮膚が剥けるタイプの症状は水虫だと気づきにくいことが問題になります。
足の指の間の皮膚が剥けてかゆいなどの症状なら素人でも白癬菌のしわざだと気づけるため、早めに皮膚科を受診してもらって治療を始めましょう。
そうすれば、他の家族が家で感染の不安に悩まされることもなくなります。

関連記事